So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース速報 ブログトップ

発症から一週間で死亡。エボラ出血熱【日本感染ルート】 [ニュース速報]

E382A8E3839CE383A9E587BAE8A180E786B120E38396E38383E382B7E383A5E3839FE383BCE38388.jpg

今年3月以降のエボラ出血熱による死者が729人に上る西アフリカ【2014年8月2日現在】

その致死率は50~90%で、発症後1週間で死に至るという。
すでにアメリカの疾病対策センターは警戒レベルを最高の3に引き上げ、ギニア、リベリア、シエラレオネへの渡航を避けるように勧告した。

「エボラ出血熱は汗、排泄物、精液、血液などの体液に直接触れることで感染し、潜伏期間が2、3日~3週間。そのため、どこで感染したか突き止めることが容易ではない上に、高熱、下痢、頭痛など症状がインフルエンザに似ていることから最初は判別しにくいのです」
(世田谷井上病院・井上毅一理事長)

疾病対策センターのトム・フリーデン所長は渡航自粛勧告を出した理由について、
「これらの国々におけるエボラ出血熱の流行が、旅行者に潜在的なリスクをもたらしているから」
と話しているが、要は感染したことに気がつかない旅行者に病気をバラ撒いてもらっては困るということ。

「エボラの流行地域に暮らす人々は、ゴリラやサルなどの野生動物を食べる習慣があり、これが感染ルートと考えられています。今回の大流行で最初にウイルスが発見されたのは、ギニアの首都コナクリなどの都市部に近いジャングル。おそらく、感染者がそのまま渡航して隣国のリベリア、シエラレオネに広がったのでしょう」
(サイエンスライター)

リベリアから航空機でナイジェリアに入ったリベリア人男性の場合は、感染判明後、数日して病院で死亡した。

「基本的に空気感染はしないとされるが、機内で一緒になった旅行者が感染しないとは言い切れない。アフリカでは医療関係者の感染も相次ぎ、防護服着用でも100人以上が感染、うち半数が死亡したとの報道もある。それだけ感染力が強いのです。日本もひとたび感染者が出れば一気に拡散する恐れもあります」(同)

前出の井上氏も
「エボラが日本に入ってくる可能性はゼロではない」
という死のウイルス。
旅行シーズンだけに脅威だ。

記事元:リアルライブ
http://npn.co.jp/article/detail/49689721/


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【エボラ出血熱】ナイジェリアで新たに感染した4人に同じアメリカ人との接触歴 [ニュース速報]

n-PATRICK-SAWYER-large570.jpg

ワシントン・ポストの報道によると、ナイジェリアで現地時間2,014年8月8日、新たに4件のエボラ出血熱の疑いがある患者が報告されたが、その全員に、7月25日に死亡したリベリア系アメリカ人のパトリック・ソーヤー氏との接触歴があったという。

リベリアの政府機関で働いていたソーヤー氏は、2014年7月20日にリベリアからナイジェリアのラゴスに空路で到着したが、飛行機を降りた直後に激しい嘔吐や下痢の症状が生じた。同氏は隔離して治療されたが7月25日に死亡し、同国保健相は「エボラ出血熱の感染が確認された」と発表した。

ソーヤー氏の手当をしたナイジェリア人看護師も感染し、2014年8月6日に死亡が報告されていた。

世界保健機構(WHO)のグレゴリー・ハートル報道官は、ワシントン・ポストに対し、「新たな患者の4名は、全員がパトリック・ソーヤー氏との接触者」であり、清掃係や医療従事者が含まれると語った。

WHOによる8月8日付けの報告では、現在ナイジェリアでエボラ出血熱の「強い疑い」または「疑い」のある症例(検査確認はされていないことを意味する)は、この4件を含めて13件となった。

また、8日にはナイジェリアのジョナサン大統領が、エボラ出血熱の流行に対処するための国家非常事態を宣言した。

大統領報道官がロイターに語ったところによると、大統領は1170万ドル相当の緊急予算も承認した。これは「ウイルスを封じ込めるための手段の強化、たとえば隔離施設の増設、患者管理、接触者追跡、追加の人員、国境でのスクリーニング、必要な用品や資材の調達など」に使用されるという。

この致死率の高い感染症の症例と死者は、ナイジェリア、シエラレオネ、ギニア、リベリアの4カ国で報告されており、2014年2月以来の流行で、これまでに1000人近く(8月6日現在のWHO統計では961人)が死亡した。WHOは、現在の西アフリカでのエボラ出血熱の流行は、「国際的な公衆衛生上の非常事態」であると宣言している(日本語版記事)n-PATRICK-SAWYER-large570.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

香港でエボラ熱検査、陰性 ナイジェリア人男性 [ニュース速報]

香港衛生当局は2,014年8月10日、

2014年8月7日から香港滞在中のナイジェリア人男性(32才)が
嘔吐や下痢などの症状を訴え、エボラ出血熱に感染している疑いがあるとして
病院で10日に緊急検査を受けた結果、【陰性】だったと発表されました。

感染が確認された場合、アジアで明らかになる初のケースとなったため、
地元のメディアはこの男性が隔離された8月10日の夕方以降に、
大きく報道。感染拡大への懸念の高まりを示しました。

報道によりますと、男性は7日にナイジェリアから香港に入り、
海外バックパッカーらの利用者が多い低価格の宿泊施設が密集する
九龍地区の雑居ビル「重慶マンション」に宿泊しました。

8月10日の朝に症状を訴えた後に運ばれた病院で、
感染疑いがあるとして隔離治療を受けたということです。

引き続き速報がありましたら、こちらのブログで引用ニュース継続致します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【速報】米政府機関、エボラ治療で富士フイルムの薬を申請へ [ニュース速報]

米通信社ブルームバーグは2014年8月7日、

米政府機関が富士フイルムホールディングスのインフルエンザ治療薬を
エボラ出血熱の治療に利用する承認手続きを急いでいると報じた。

この治療薬は富士フイルム傘下の富山化学工業が開発した「ファビピラビル」。
米国ではインフルエンザ治療薬として治験の最終段階にある。

ブルームバーグは米国防総省報道官の話として、富士フイルムの提携先である米製薬会社メディベクターが、エボラ出血熱の治療薬として申請する方向で米食品医薬品局(FDA)と協議していると伝えている。(共同)


【今後のブログの予定について】

香港でのエボラ出血熱の件といい
日本でも要注意の状態になっています。

現実感の無い方々もおられる平和ボケした日本ですが
これは現実の話です。

しっかりとニュースに目を向け
情報不足になることのないようこちらでもニュースをまとめて報告いたします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ニュース速報 ブログトップ
スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。