So-net無料ブログ作成
検索選択

フジ新ドラマ「あすなろ三三七拍子」に批判殺到!愛のことばをスピッツをもっと!! [芸能ニュース]

20140717-asunaro.jpg

柳葉敏郎主演のフジテレビ系連続ドラマ「あすなろ三三七拍子」(火曜21時放送)

主題歌には、スピッツの名曲『愛のことば-2014mix-』が使われている。

1995年に発売されたスピッツ6枚目のアルバムハチミツ』に収録されている人気の一曲、過去の名曲とはいえシングルカットもされていない楽曲が起用されるのは異例。

そんな異例の主題歌に視聴者は、第一話直後から好反応だった。

「スピッツの愛のことばは名曲すぎる。。。」
「スピッツの「愛のことば」聴くことができて、とても嬉しかったです。」
「主題歌のスピッツ愛のことばええわー!懐かしい気持ちになる!」

そんな名曲だからこそ起こる不満。
ドラマ中の楽曲の扱いがひどいとツイッターでクレームが殺到している。

「どうか次回からは曲をキチンと流してください」
「折角流れたのに音が小さい!」

ドラマ企画担当者は
「主題歌の切ないメロディーと草野マサムネさんの声はどの世代の方もキュンとくると思います。ドラマを見て下さる方々の心に響かせる素敵なエンドロールをお楽しみください」

と話していたが、結局第一話では、ドラマ本編上で『愛のことば』が流れ、その切ないメロディが芝居に埋もれてしまっていた。

これを受け、番組公式ツイッターは
「スピッツさんの『愛のことば』がもっと聞きたいというご要望が多く、2話に期待して下さいませ?」
「普段ドラマを見ない60を過ぎた母からも、主題歌もっと聞きたかったと言われました。皆様のご指摘も反省して、スピッツ『愛のことば』でタイトルバックにします?」
と反応している。

ドラマ「あすなろ三三七拍子」は、作家・重松清さんの同名小説が原作で、存続の危機にある翌檜(あすなろ)大学応援団を立て直すため、50歳の中年男が団長に就任し、若者たちと世代を超えて苦難に立ち向かう内容。楽曲の使われ方にも注目が集まる第2話は、7月22日(火)放送済み。

http://news-a.dwango.jp/index.php?itemid=8983
(記事引用元:ドワンゴジェイピー)


【感想】

第一話7.7%
第二話5.1%

うーーーん。完全に終わってますな。


内容はネット上の反応も良さげではありますが
筆者は家族狩りとHEROしか観ておりません(・ω・)ノ


結果的にあすなろ三三七拍子の第二話では
「愛のことば」へのクレームがネット上にもなかったので
どうやらうまーく編集できたということなのでしょう。(予測)


それにしても最近はなにか問題があれば
すぐツイッターで拡散祭りがワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイされますなぁ。

twitter.jpg

しかもそのツイッターの拡散によって
翌週のドラマが編集作業に追われるわけですから
完全にユーザー主体の時代に突入したわけですね。

一度こうやってユーザーの力技でドラマ編集をしてしまうと
何かにつけてユーザー目線になってしまうので
これからのドラマはどんどんつまらなくなるだろうなぁ。。。


やっぱり今クールは「家族狩り」イチオシです!!(`・ω・´)b











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。